機密文書の着目点というものについては

着目点というものを考えてみたところ、機密文書というものはどういった組織においても存在するということがありまして、外に出しては都合が悪いものや、組織の運営において出す必要がないものなどはこういった扱いを受け、しっかりと管理しているということがあるのです。
これは、会社や公的機関など、あらゆる組織に共通して存在していまして、それを公開することによってダメージを受けるようなものがこれにあたるのです。
きちんと管理されるべき機密文書というものは、今はデータの形で保存されているということがありまして、こういったものはけっこういろいろな形で管理されているというふうにいわれています。
古くは文書を金庫などに入れて保管しておくということがありましたけど最近はUSBメモリーとかCD-Rのような形になっているということもありまして、こういったものの管理という仕事をしている人も組織の中には必ず存在しているということがあり、とても大事な働きをしているのです。