経営コンサルタントについて考えてみると

経営コンサルタントといえば、企業経営にとって必要なアドバイザーのようなものだと思います。
わりと多くの企業でこういう人と契約を結んでアドバイスをもらっていることがあると思います。
僕の会社でもこういう人と契約を結んでいます。
そんな経営コンサルタントですが、こういう職業を選ぶ方は概ね企業での経営に近い立場の経験があると思います。
そこに例えば経営に関する資格を取得したり、ISOの審査員の資格を持っている人も多いと思います。
こういった知識や技量が経営コンサルティングに役立っているのだと思いますが、その手腕で実際に経営を良くしていくことが期待されているので、その役割は大きいのではないかと思っています。
一般的には個人で事務所を持ってやってる人もいれば、コンサルティング会社に所属している人が多いと思います。
これからはこういった職業がもっと増えると思います。
もちろん競争は激しくなると思いますが、目指すのも良いと思います。